スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【斜行スリップ説】 

 タイヤ痕が捏造されたという主張に対して、実際に事故でタイヤ痕が付いたのではないかという指摘(「横滑り説」「斜行スリップ説」などと呼ばれています)が、早い段階から掲示板等でなされていました。
 これは、衝突時(後)にバスが動いていた(動いた)ことが前提になっていますので、バスが衝突時前後を通じでバスが止まっていたとする弁護側の主張と対立する事となり、支援者からは「目の敵」にされましたが、掲示板やブログを見ればわかりますが、論者は、裁判で認められなかった弁護側証人の証言内容との整合性を取ろうとしており、弁護側に敵対するつもりはなかったようです。

 carview掲示板 高知の白バイとスクールバスの事故
 http://www.carview.co.jp/bbs/115/?bd=100&pgcs=1000&th=2868800&act=th ※掲示板閉鎖
 いい日旅立ち-バス乗り
 http://minkara.carview.co.jp/userid/361768/blog/
 事故を高校物理で考える
 http://minkara.carview.co.jp/userid/351012/blog/

 「斜行スリップ説」は、バスの前輪前方に白バイが衝突した衝撃でバスの前輪が横滑りを起したというものです。
 ただし、バスが止まっている状態ですと、バスの後輪車軸の中央付近を軸とした回頭運動となり、前輪の軌跡は円弧状になります。
 では、バスが前進している状態でこの現象が起きたらどうなるでしょうか?
衝撃力で動いた分は、タイヤが横ズレした分であり、それが、タイヤが前進(回転)する事で縦に引き伸ばされたというイメージです、つまり・・・

・タイヤ痕の長さ1mまるまる白バイが動かしたというわけではありません。
・タイヤは回転しているので、タイヤ痕に溝は残りません。
・前進と横滑りの速度の変化で、タイヤ痕は湾曲します。
・前進に回頭運動が加わるので、タイヤ痕は平行(間隔が同じ)にはなりません。
・横滑りを起したのは前輪だけですから、後輪の痕が付かないのは当然です。

横滑りによる回頭運動とタイヤ痕

 路面にタイヤ痕が残るという現象は、タイヤがグリップを失い滑るときに起きます。
 タイヤのグリップについては、「摩擦円」で考えるとわかりやすいと思います。

 (参考)
 タイヤのグリップ力
 http://www.kurumano-gakko.com/drive/grip.html

 タイヤには「駆動力」「制動力」「コーナリング・フォース」が加わりますが、それらの合計がタイヤの路面との間で生じる摩擦力を越えると、タイヤは滑り出します。
 駆動力が過剰だと「ホイール・スピン」、制動力が過剰だと「ブレーキ・ロック」、コーナリング・フォース(によって旋回するときに発生する遠心力)が過剰だと「ドリフト(スピン)」です。
 このコーナリング・フォース(遠心力)の代わりに、衝突による衝撃がタイヤに加わってタイヤのグリップ限界を越えたというのが、「斜行スリップ説」の考え方で、タイヤ痕が残るのに、必ずしも、急ブレーキやタイヤロックが必要ないということがわかります。

 「斜行スリップ説」に対して、10km/hの走行速度では、タイヤのグリップが失われる事はないという反論がありますが、それは、通常走行でのコーナリングの話で、衝突の衝撃が加わる場合は、通常走行とは条件が違う異なった現象になります。

 なお、上記のブログでは、白バイの速度が100km/h以上だったと結論付けていますが、これは、バスが止まっていたという証言に合致させるために、衝突と同時にバスが前進(加速)を開始したという過程で計算したためだと思われます。

(略)このスリップ軌跡の前提として、バスは停止状態で衝突したとしても、スリップ(スライド)中は加速をするなどして、それなりに前進していなければならないことになります。
http://minkara.carview.co.jp/userid/351012/blog/7843798/

(略)バイクの衝突速度は高く、バスの角度が大きい方が、バスが止まっていたとの主張に合致しやすい(略)
http://minkara.carview.co.jp/userid/351012/blog/7843961/

 また、バイクの速度は「旋回限界R」から速度を計算していますが、これはフルバンクの状態での旋回速度の話であって、バイクは旋回開始と同時にいきなりフルバンクの状態にはなりません。
 つまり、同じ走行ラインを取るならば、実際は「旋回限界R」で計算した速度より、当然遅くなります。

→【斜行スリップ説に対する疑問】
→【裁判ではタイヤ痕はどのように認識されていたのか?】
→【再審請求/三宅鑑定】
→【三宅鑑定/タイヤ痕捏造疑惑】 
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/7-5e6994bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。