スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テレビ朝日ザ・スクープSP「誤報」問題】 

 
 事故当時、バスに乗っていた生徒が車内で撮影した写真があります。
 この写真は、運転手側が刑事裁判の二審で高裁に提出しましたが、証拠調べはなされませんでした。

→【車内で撮影された写真】

 しかし、この写真は、テレビ朝日が報道番組で、写真を撮影した生徒の証言とともに、「スクープ」として報じています。

「警察が証拠をねつ造?白バイ隊員"事故死"の真実」テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル第21弾」2007年12月9日放送
http://www.youtube.com/watch?v=ju1SsyKvYTg

6.22-
(長野智子キャスター)
この最大の争点が事故が起こった瞬間のバス動きなんです
つまり動いていたか止まっていたか
止まっていたとする被告側の証人がバスに実際に乗っていた生徒や、バスの後ろで車を運転していた校長先生ですね

9:39-
(長野智子キャスター)
そしてもう一つなんですがスクープ証言があります
私達は、新たに事故直前にバスの中で撮影されたという一枚の写真を入手しました
そこに浮かび上がった真実とは

9:51-
(ナレーション)
ここに事故直前にバスの車内で撮影された一枚の写真がある
この見えている景色は、バスが道路に進入する時と、ほぼ一致する

10:07-
(テロップ)
写真を撮影した生徒
Q.写真を撮った場所は分かる?
ここで、もうちょっと右に切ってる ハンドルを
Q.その時バスは?
止まってました
Q.止まっていたと分かるのは どうして?
振動があって(写真が)撮れないから 止まったときに撮っていたんで
振動があったら きれいに取れない、こんなに
Q.この場所 間違いない?
間違いない

10:40-
(ナレーション)
実験のように、検察の言う時速5~10キロを出し、急発進急ブレーキを行う中でこんな写真が撮れるものなのか
車内で後ろを向いたり立って友達と騒いでいたりしていたという生徒達もしそんな状態で急ブレーキを踏んだら、誰も気付かないとは考え難い


 番組全体を見る限り、バス車内で撮影された写真と生徒の証言は、事故直前に、運転手側が主張する右折待機中に撮影されたものであるかのように報じられています。
 しかし、ナレーション(9:51-)にもあるように、撮影されたのは「バスが道路に進入する時」であり、生徒もそのように証言しています。
 この写真の撮影位置が、運転手側が主張する右折待機位置でなかったことは、運転手側も、番組放送前の07年11月に確認しています。

その写真の撮影位置を解析すればバスの停車位置がわかるというものだ。
それに異論はない。もちろん、私達もその写真の存在が分かった時、2007年だったか・・その当時は色めき立った。
撮影者が生徒であったから、なおさら慎重に現場で検証した。 同じバスを使い、撮影者も被写体となった生徒も同一人物を使い、それぞれ同じ座席位置から、ファインダを覗いては、手元の撮影写真と見比べては撮影を繰り返した。
その結果、撮影された写真は、路上で撮影されたモノでないのは明らかという事が判明した。
(略)
写真撮影位置については、控訴審終了後の2007年11月の弁護側現場検証の結果、撮影位置は歩道上で停止中に撮影されたものという結論に至っている。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/69152786.html

 テレビ朝日の、生徒がバス車内で撮影した写真に関する「スクープ」は、バスが止まっていたという結論先にありきで、事実を意図的に捻じ曲げた「誤報」なのではないでしょうか?

→【マスコミ報道について】
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/60-22ca5e43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。