スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【三宅鑑定/その他の専門的指摘事項】 

(5)その他の専門的指摘事項
本件では交通事故鑑定で撮影すべきブレーキ痕が前輪だけ、特に事故直後には右前輪の画像しか記録されていない。
後輪を何故撮影しなかったのか、このことが本事件の真相究明に長時間を要した主因である。当日の写真撮影を担当された警察官、警察職員の責任は重大である。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/67874017.html

 後輪のタイヤ痕について、大慈彌鑑定に説明があります。

白バイがスクールバスに衝突した時、運動力学の第三法則である作用反作用の法則により、白バイが衝突した時の進行方向にスクールバスを移動させるような力を作用する
白バイの衝突によりスクールバスに力が作用するとスクールバスは力の方向に移動(押される)する。特に、本件はスクールバスの前端部に白バイが衝突しているため、梃子の原理でスクールバスの前部が横側に大きく異動する。 
スクールバスの前部に横移動が起きると、前輪に横滑りが生じ、タイヤと路面の間にすべりが起きる。路面上をタイヤが滑ると(こする)とタイヤと路面の接触部位のゴム質が剥離し、路面上に付着し黒いスリップ痕を印象する
本件の事故現場路面上に認められる。道路を横断する方向に印象された2条のスリップ痕は。上記した生成機序の通り、横移動していたスクールバスの前輪タイヤの横滑り痕(ヨーイング痕)と断定できる。
なお、横滑りする程度が前輪と比較して、後輪タイヤは少ないために本件のスクールバスの後輪タイヤによる横滑り痕は生成されない。

http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-639.html

 後輪を撮影しなかったのは、後輪のタイヤ痕がなかったからでしょう。

→【斜行スリップ説】
→【再審請求/三宅鑑定】
→【三宅鑑定/タイヤ痕捏造疑惑】
  
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/57-1d208b07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。