スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裁判での弁護について】 

 本件の裁判では衝突時にバスが動いていたか否かが争点になっています。
 これは、検察側の起訴事実が、衝突時にバスが動いていたというものであったからで、バスが止まっていたのならば、「無罪」ということになります。

 つまり、弁護側としては、バスが止まっていた事を証明できれば、警察による証拠の捏造があったか否かとは関係なく、「無罪」を勝ち取る事ができるわけです。
 さらに言えば、起訴事実についての立証責任は検察側にありますから、弁護側は、バスが止まっていた事自体を立証する必要はなく、検察側のバスが動いていたという立証が不十分であることを証明できればいいのです。

 検察側は、バスが動いていたことの証拠として、科学捜査研究所の算定書(事故鑑定結果)を提出しています。
 これに対して、弁護側が出した証拠は、バスが止まっていたという「証言」ですが、一般に、裁判における証拠の「証明力」では、物証(鑑定)>証言であり、物証と証言が矛盾した場合は、裁判官は物証の方を採用するのは、ある意味、当然のことです。
 これは、証言というのは、人の感覚や記憶に基づくものですから、どうしても勘違いや記憶違いといった可能性を考えざるを得ないからです。

→【記憶=真実?】
→【弁護側証人の証言が採用されなかった理由】

 つまり、鑑定結果を覆そうとした場合、証言だけに頼るというのは無理があり、鑑定内容に間違いがあることを、客観的科学的に証明する必要があります。

 もし、弁護側が主張する事故状況が真実であるとするならば、車両の損傷状況や位置関係などから、バスが止まっていたという鑑定結果が出てくるはずです。
 これは、裁判で検察側が提出している写真や計測値から十分に可能です。

 (参考)
 高度な特殊画像解析法により真実を立証する
 http://www.e-kantei.org/ziko/koutu08.htm
 裏付けのある高精度作図技法により真実を立証する
 http://www.e-kantei.org/ziko/koutu09.htm
 車両痕跡や人体損傷 位置を正確に割り出す事により真実を立証する
 http://www.e-kantei.org/ziko/koutu10.htm

 また、弁護側が主張するように、警察による証拠の捏造があったとすれば、捏造された証拠はバスが動いていたことを示し、捏造されていない証拠はバスが止まっていたことを示すわけですから、証拠同士に矛盾が生じる事になります。
 この点を突けば、検察側の鑑定結果の信用性を失わせる事ができますし、証拠に人為的介入があった可能性を強く窺がわせる根拠にもなります。

 しかし、弁護側が二審で提出しようとしていたのは、急ブレーキの実験に関する鑑定であり、事故状況に関する鑑定ではありませんでした。
 この急ブレーキ実験は、検察側が主張する事故状況を再現しておらず、反論(証拠)としての意味がありません。
 弁護側が、独自に事故状況の鑑定をしなかったことは、また、支援者から事故鑑定をすべきだという主張が出てこないことは、本当に不思議です。

→【バスが動いていた物的証拠】
→【走行実験について】

 (追記)
 同じ白バイが関係した事故ということで、よく引き合いに出される「愛媛白バイ事故」では、刑事では無罪(当事者が未成年だったので「非行事実なし」)となり、現在、民事で国家賠償請求訴訟を行っています。
 その準備書面では、具体的な数値と計算に基づいて、警察の鑑定結果に対して、客観的に疑問点や問題点を指摘しています。
 これが、弁護士と事故鑑定人の本来の仕事でしょう。
 http://blogs.yahoo.co.jp/toshikazu2355/23583911.html 

→【弁護過誤?】

 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/4-55eecda2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。