スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【路面の擦過痕】 

被告人運転車両の最終停止位置を基準に俯瞰した場合、右前輪右側あたりに、アスファルト路面の表面を硬いもので削ったような複数の路面擦過痕が存在し、被告人運転車両の進路と直交する南北方向に短く形成されていたものが、突如転向して、被告人運転車両の進路と平行する東西方向東向きに長く形成され、最終停止位置で転倒している被害者運転車両まで伸びているものがある。
(地裁判決文4頁)

 白バイがバスに引き摺られたときに路面についたとされるL字状の擦過痕については、引き摺られた痕ならば形状がおかしいという指摘があり、弁護側は、これも警察による捏造(チョーク等で描かれた)の可能性があると主張しています。

 しかし、(これはタイヤ痕の捏造の主張でも言える事ですが)仮に、バスの運転手に罪を着せるために証拠を捏造したというのならば、おかしな形状の擦過痕を捏造するというのは、逆にスジが通りません。
 単にバスが動いていた(白バイを引き摺った)証拠をでっち上げるつもりならば、わざわざL字状にしたりせず、直線状の擦過痕にするでしょう。

 検察側が主張した(裁判所の認定した)事故状況からすれば、L字状の擦過痕は不自然でもなんでもありません。
 というより、擦過痕を証拠としてバスと白バイの動きを計算しているのですから当然のことです。

 裁判所の認定では、白バイは前部を横方向(左側)からバスに押されるようにして転倒しています。
 つまり、転倒時に、白バイの車体は右に回転しますから、回転が進行しバスと平行な状態になるまでの路面の転倒痕(擦過痕)の形状は、白バイが回転する軸(この軸はバスに押されて移動しています)を中心とした楕円の一部ということになります。
 そこから、白バイはバスとほぼ平行な状態になって引き摺ずられますが、この段階では、バスとほぼ平行な擦過痕になります。
 擦過痕全体で見ればL字状になることがわかります。

 白バイの動きと擦過痕の関係は、机の上にペンを置き、一方の端を指でつまんで(ペンの動きを妨げないように)横方向(ペンと直角)に動かしてみればイメージがわくと思います。
 ペンは回転してから引き摺られ、もう一方の端が描く軌跡はL字状になります。

→【バスが動いていた物的証拠】
→【再審請求/三宅鑑定】
→【三宅鑑定/擦過痕捏造疑惑】
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/33-91f08c5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。