スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【県議会報告書の疑惑?】 

 支援者は、高知県警が高知県議会総務委員会に提出した報告書について、捜査も進んでいない事故当日に報告文書を作成し、警察庁に殉職事故として、報告した「疑い」があると主張しています。
 http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-164.html

 報告書には、事故状況について説明があり、白バイ隊員が殉職したこと、バス側の過失が大きい可能性があると記載があります。

(略)道路西側に隣接するレストランの駐車場から国道を横切って右折南進しようとした大型のスクールバスに衝突され、殉職したものであります。
(略)
今回の事案は、相手方の過失が大であると考えられますが、そうした事案が発生したことは痛恨のきわみであり、まことに残念であります。


 事故状況については、実況見分が終われば報告書にまとめる事ができますし、白バイ隊員は職務中に起きた事故で死亡したのですから殉職ですし、実際、バス側の過失が大きい可能性が高い事故です。

 (参考)
 過失割合ズバリ!単車と四輪車の事故
 四輪車が非優先道路から単車の直進する優先道路へ右折してきた場合
 http://kashitsu.e-advice.net/car-aut/158.html
 四輪車が路外から道路に進入し、道路を直進する単車と接触した事故
 http://kashitsu.e-advice.net/car-aut/169.html

 バスが動いていた物的証拠はタイヤ痕以外にもありますし、タイヤ痕が本物(警察によって捏造されたものでない)ならば、県警の報告書は疑惑でもなんでもなんでもありません。

→【バスが動いていた物的証拠】
→【斜行スリップ説】

 疑い出せば切りがありませんが、陰謀論ではあるまし、何でもかんでも疑えばいいというものでもないでしょう。
 結局、支援者が主張する疑惑は、タイヤ痕が捏造であると言う弁護側の主張(情報)に基づいて始めて疑惑足り得るものなのですが、そもそも、その主張自体が疑問だらけなのです。

→【警察の隠蔽工作?】
 
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/28-8d1f2c6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。