スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【弁護過誤?】 

 この件の裁判での弁護方針については、常識的に考えて、理解できないことが多すぎます。

 まず、事故の状況(バスが動いていたのか否か)が争点になっているのに、事故状況に関する鑑定をしていません。
 事故状況が争点になっているのならば、事故鑑定をして事故の状況を客観的に把握できていなければ、争いようがないでしょう。
 本来ならば、独自に事故鑑定を行い、バスが止まっていたという結果が出たら、検察側の鑑定結果の正確性について争い、バスが動いていたという結果が出たら、事故状況については争わず、過失と事故との因果関係に争点を持っていく、あるいは情状面で有利な量刑を求める、という方針になるはずです。

→【裁判での弁護について】
→【バス側の過失について】

 しかし、弁護側は鑑定をしていないのに、バスが止まっていた事に固執し、意味のない走行実験を行いました。
 弁護側事故鑑定人のタイヤ痕に関する説明も的外れです。

→【弁護側事故鑑定人の鑑定能力について】
→【走行実験について】
→【タイヤ痕の謎?】

 もっとも、事故鑑定人を選任する経緯についての話が事実なら、最初から捏造を主張するためだけに雇われた鑑定人だった可能性も考えられます。
 しかし、同時に、タイヤ痕が本物である可能性があるということもわかったはずです。

地裁で惨敗した私達は高知県警科捜研の鑑定に対抗できる交通事故鑑定士を探していました。最初の鑑定士は業界では名が通った鑑定士でしたが、その先生の事務所は私達の送った資料を見ただけで「スリップ痕は本物」と判断された。「ンな馬鹿な!!」と別の鑑定士を探したが、どうにも見つからない。ある人にお願いしてやっと紹介していただいた鑑定士なんです。
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-39.html

 そして、タイヤ痕が事故に由来したものではないという主張ならまだしも、確たる証拠もないのに、警察が証拠を捏造したと主張しました。
 証拠捏造の方法などについては、まったくの想像に過ぎませんし、状況証拠すらありません。
 こんな主張が裁判で通用するはずもなく、逆に裁判官の心証が悪くなるであろうことは、弁護士でなくてもわかるでしょう。

 もっとも、警察による捏造という話に、K氏(被告人)が断固こだわったということなら、弁護士としては依頼人の意向に逆らえないということもあるでしょうから、この場合は、酷な言い方をすれば、K氏の自業自得とも言えるのですが・・・

→【量刑不当?】
 
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/26-468cd72e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。