スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【横断等禁止違反】 

道路交通法25条の2第1項(横断等の禁止)
車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない。


 バスの運転手(以下、K氏)は、横断等禁止違反で行政処分を受けています。
 現場は、国道側に常時黄色点滅信号がありますが、これは通行注意の意味であって、交通整理が行われているわけではありません。
 あくまでも、国道側が優先ですから、路外から進入する車両は、優先道路を走行する車両の交通を妨げてはなりません。
 裁判所が認定した(検察側主張の)事故状況ではもちろんですが、弁護側の主張を全面的に認めても、横断等禁止違反になります。

 弁護側の主張では、バスは中央分離帯付近で右折待機していました。
 つまり、左方からの車両が途切れたことを確認していたわけではなく、右方からの車両が途切れた段階で、横断右折を開始したことになります。
 現場は、路側帯と右折車線を含めて道幅の合計は約11m、バスの全長は約9mで、弁護側が主張する停止位置からすると、バスは国道の車線を全て塞いでいたことになります。 
 右折待機中に右方から車両が来れば、当然、その交通を妨げることになりますし、交通量が決して少ないとはいえない日中の国道ですから、危険な行為ではないと言うことはできないでしょう。

 そんなことを言ったら、大型車両で横断右折するのは不可能だという主張がありますが、その通りです。
 横断右折すべきではありません。
 にもかかわらず、右折したいというバス側の都合で横断右折を、あえて行ったのですから、横断右折中に事故が起きたときに(たとえ相手が速度超過であったとしても)、バス側に責任がない(不可抗力である)とは、到底言うことはできません。

 もちろん、裁判での起訴事実はバスが動いていたことが前提ですから、もし、弁護側が主張しているようにバスが止まっていた時に起きた事故ならば、K氏は「無罪」です。
 裁判を離れて、事故の責任を考えた場合、支援者が主張しているように、バス側には事故の責任が無い(悪くない)とは言えないということです。

 (補足)
 道路交通法違反に該当する行為があるからと言って、即、業務上過失致死罪における過失が認められるということではありません。
 裁判所が認定した過失は、安全確認を怠り道路に進出進行した過失です。


 (追記)
被告人の業務上過失の不在
被告人は 歩道の直前 また 車道の直前にて一旦停止を行い、左右の安全を確認している。
その時 見通し距離内通行車両が無いことを確認して国道に進入している。
その後、道路の中央付近で一旦停止し、右折のための安全確認をしていた。何台かの車をやり過ごし、右折しようかとして時、衝撃を感じた。
従って。道交法とおりの運転であり、業務上の過失は無い。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/8453843.html
 
 国道進入時に、左右の安全を確認し、見通し距離内通行車両が無いことを確認して国道に進入しているのならば、なぜ、改めて、道路の中央付近で一旦停止し、右折のための安全確認する必要があるのでしょう?
 見通し距離内に通行車両が無いことを確認して国道に進入したにもかかわらず、道路の中央付近で一旦停止し、右折のための安全確認をしなければならなくなった、その理由(状況)が、説明されていなければ、道交法通りの運転であり、業務上の過失が無いとは、言えないはずです。
 (細かいことを言えば、「道路の中央付近で一旦停止」という表現も、弁護側の主張からすると適切なものとは思えませんが、さて置きます)

→【バス側の過失について】
→【参考判例】
  
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/24-759fe111

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。