スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マスコミ報道について】 

 TVメディアでこの事故を報道しているのは、テレビ朝日と系列ローカル局のKSB(瀬戸内放送)です。
 最初にこの事故を扱ったのはKSBのようです。

 テレビ朝日
 http://www.tv-asahi.co.jp/
 ドキュメンタリ宣言「なぜ私が収監されるのか~高知白バイ事故の真相~」
 http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/story.html

 瀬戸内海放送(KSB)
 http://www.ksb.co.jp/index_pc.asp
 →[地域ニュース]→[シリーズ]→[高知白バイ衝突死]
 http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7

 内容については、弁護側の主張ほぼそのままです。
 確かに、被告人が裁判で事実と異なる主張をしたが、認められずに有罪となった、という話では、報道する価値がありません。
 そういう意味では、弁護側寄りで、警察による証拠捏造(これが事実なら大スクープです)を追及するというTV局側の方針も、わからないではありません。

 しかし、「報道」として扱う以上、「事故の真相」(どのような事故であったのか)は重要な事だと思います。
 本来ならば、報道側が中立な立場で、独自に専門家に事故鑑定を依頼したり、意見を聞いたりして(これらは事故報道では普通に行われていることですが)、そこで、バスが止まっていた(可能性が高い)と結論付けた上で、警察による証拠捏造の追及という方向へ話を展開していくべきではないでしょうか?

 それに、事故鑑定を行い、バスが止まっていた(可能性が高い)と結論が出てくれば、K氏が無罪である(可能性が高い)という証明になりますし、証拠に人為的な介入があったことを示唆する証拠にもなります。
 しかし、テレビ朝日もKSBも、弁護側と同じく、独自の事故鑑定をしていません。

→【裁判での弁護について】

 番組製作スタッフは、どこまで独自の調査をしたのでしょうか?
 裁判で弁護側が事故鑑定を行わなかったことを不思議に思わなかったのでしょうか?
 弁護側の走行実験や事故鑑定人の説明が的外れなものだということに気が付かなかったのでしょうか?
 そもそも、判決文を読んでいるのでしょうか?

 (追記)
 警察による証拠捏造が事実ならは、大事件であるにもかかわらず、この件に関しては、ほとんどのマスコミが取り上げていません。
 これはどういうことでしょうか?

 支援者によれば、警察権力に逆らえない情けないマスコミやジャーナリストということになるようですが、単に、バス側の主張を鵜呑みにしなかったというだけのことでしょう(報道に携わる者なら当然のことだと思います)。
 バス側の主張の疑問点の数々はこのブログの記事に書いている通りですが、ネット上の情報を調べただけでも、これだけ多くの疑問が出てくるのです。

 私の個人的な感覚からすれば、それらの疑問に触れることも無く、バス側の主張ほぼそのままの内容で「報道」したり、「ジャーナリスト」や「弁護士」や「評論家」の肩書きを持つ人間が、それを「追認」するかのようなコメントをするという、その姿勢の方がむしろ驚きです。

→【テレビ朝日ザ・スクープSP「誤報」問題】
→【KSBディレクター山下氏とジャーナリスト柳原氏にメールを送りました】

※(敬称略、順不同)
ジャーナリスト 報道関係 評論家

柳原三佳
http://mikay.blog44.fc2.com/blog-entry-699.html

山下洋平
http://www.ksb.co.jp/company/recruit/interview01.html
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797353899

長野智子
http://yaplog.jp/nagano/archive/331

大谷昭宏
http://homepage2.nifty.com/otani-office/office/otani.html
http://matome.naver.jp/odai/2130028162950307701/2130028170850309803

鳥越俊太郎
http://www.shuntorigoe.com/
http://www.j-cast.com/tv/2008/09/10026618.html

有田芳生
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2007/11/post_3def.html

志村建世
http://pub.ne.jp/shimura/?entry_id=1811446

高田昌幸
http://newsnews.exblog.jp/10057420/

志葉 玲
https://twitter.com/reishiva/status/456378363003682816

林 克明
https://twitter.com/hayashimasaaki/status/477984704159678465

天木直人
http://www.amakiblog.com/archives/2015/01/post_2841.html

弁護士

紀藤正樹
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2008/12/post-d2e6.html

矢部善朗
http://www.yabelab.net/blog/2007/10/31-172959.php

林 朋寛
http://bengoshi884.ti-da.net/e2598750.html

上記ジャーナリスト、弁護士、評論家各位
この記事は、コメント欄を開放しています。
非公開コメントも可能ですので、連絡先を教えていただければ、こちらの氏名住所等をお知らせします。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/22-d783e50c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。