スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バスが動いていた物的証拠】 

 裁判では、タイヤ痕以外にも、路面の擦過痕、バスのフロントパネルの凹傷、バスのフロントバンパーの破損状態、といった、バスが動いていたことを示す物証が提示されています。

(略)算定書は、(略)衝突現場の状況並びに被告車及びY車の各諸元及び損傷状況等を元に、物理の専門家の立場から、被告車及びY車の衝突時の各速度を算定したものである、そうすると、基になる資料は、本件事故直後のスリップ痕様のもの、擦過痕、被告車及びY車の各諸元等である以上、(略)
(高裁判決文12頁 ※Y車=白バイ)

 路面の擦過痕は、白バイが転倒後にバスに引き摺られて出来たもの、フロントパネルの凹傷は、白バイのハンドル(グリップエンド)が当たって出来たもの、フロントバンパーの破損は、白バイのフロントタイヤに横から押されて折れ曲がったものと、それぞれ説明されています。
 つまり、裁判所の認定した衝突の状況(過程)は以下のようになります。

 ・前進しているバスのフロントバンパーの側面部分に、白バイが衝突
 ・白バイは、バスのフロントバンパーを押し曲げるように破壊しながら前進
 ・バスは白バイの前部を押しながら前進、フロントパネルと白バイのハンドルが接触
 ・白バイは右回りで転倒、バスとほぼ平行な状態になり引き摺られる


白バイ(破損右ステア)とバスの損傷との位置関係    

バスと白バイの位置関係1 バスと白バイの位置関係2 白バイ停止位置3

 これに対して、弁護側が主張する衝突状況は止まっているバスに、白バイが右旋回しながら浅い角度で衝突したというものです。
 最終停止位置の車両の位置関係、白バイが直前に転倒してたとすれば、路面の擦過痕の説明はできそうですが、フロントパネルの凹傷とフロントバンパーの破損状態の説明はできるのでしょうか?
 これは、事故状況の鑑定がなされなかったことと合わせて、是非、弁護側事故鑑定人の説明が聞きたいところです。

 路面の擦過痕については、これも捏造されたものという主張がなされ、フロントパネルの凹傷については、ハンドルではなく、白バイ隊員のヘルメットが当たって出来たもの、という見解がありますが、フロントバンパーの破損状態についての説明には、支援者も窮しているようです。

→【裁判での弁護ついて】 
→【路面の擦過痕】
→【バスの損傷状況】
→【白バイの破片の散乱状況】
 
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/14-d8dd54e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。