スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【白バイの違法訓練?】 

 支援者は、白バイの速度超過が事故原因であるとし、白バイは、違法な高速走行訓練をしていたと主張しています。
 その根拠として挙げられているのが以下の警察庁の通達です。

交通街頭活動中の殉職・受傷事故防止対策の推進強化について(通達)(リンク切れ)
http://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/sidou/shidou20060215.pdf
(3) 体験型・実践型教養訓練の積極的な実施
各種教養訓練に当たっては、「夜間における夜光チョッキ等の視認性」、「緊急自動車のサイレン音の聴取範囲」、「高速時、悪天候時等の車両の特性」、「緊急走行、追跡追尾走行訓練」「道路管理者と連携した交通規制訓練」等の体験型・実践型のプログラムを積極的に取り入れ、その効果的実施を図る。

(4/5)

 ここで問題となるのは、事故を起した白バイが、赤色灯もサイレンも使用していなかった(緊急走行中ではなかった)ということです。
 また、違反車両を追跡(速度計測)中だった可能性を示す証言なども、今のところはありません。 
 
 だから、支援者は「違法な高速走行訓練」中だったと考えたのでしょうが、これはおかしな発想です。
 この通達は、そもそも、殉職・受傷事故防止対策のためのもので、訓練で事故が起きたら本末転倒ですから、訓練をするならば、当然、安全に配慮することが前提になるはずです。
 ならば、公道で高速走行訓練を行うとしたら、一般車両への注意を促すために赤色灯やサイレンを使用するのが普通でしょう。

 これに対しては、緊急走行中ではないのに赤色灯やサイレンを使用するのは「違法」だから使用しなかった、という主張がありますが、支援者の主張では、そもそも「違法な訓練」をやっているのです。
 また、この「違法な訓練」が、隠蔽しなければならないようなものであるならば、逆に、赤色灯やサイレンを使用し、緊急走行を偽装するでしょう。
 このように、赤色灯やサイレンを使用しない「走行訓練」の話はズジが通りません。

 また、この事故とは別に、現場では普段から白バイが高速走行をしていたという地元住民の証言があるということですが、それこそ、違反車両を追跡中だった可能性もあるわけでから、これを違法訓練の根拠と言うのは無理があります。

→【白バイは速度超過だった?】
→【警察の隠蔽工作?】
 
 
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://horatio2chsi.blog72.fc2.com/tb.php/11-8326546c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。