スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記憶=真実?】 

 裁判所がバスが動いていたと認定した事について、裁判で証言をしていない生徒を含め、弁護側証人を「嘘つき」呼ばわりしたのも同然だというような論調も見られますが、これは誤解というより曲解です。

 (参考)
 超常現象の謎解き(記憶編)
 http://www.nazotoki.com/step2.html

 参考サイトを見て下さい。
 決して冗談で引用したわけではなく、記憶がいかに不確実なものかということについて、わかりやすく解説されています。

 記憶というものが、必ずしも「真実の記録」とは言えないということが分かっていれば、記憶に基づく証言も、決して鵜呑みにはできないものだということがわかるでしょう。
 裁判において、証言が採用されないというのは、証言の正確性に疑問があるということであって、証言者が嘘をついていると判断したという意味ではないのです。

→【弁護側証人の証言が採用されなかった理由】

 (追記)
●生徒の証言について

 バスに乗っていた生徒達のほとんどは、バスが止まっていたと証言しているようですが、当初の新聞の取材では、止まっていたと証言した生徒は3名で、ほとんどの生徒がわからないと答え、また、3名の生徒は動いていたと答えていたようです。

本紙はバスに乗っていた生徒のうち、二十人から対面で話を聞いた。
事故の瞬間の明確な記憶が残っていない生徒も多いが、三人が『バスは止まっていた』とする一方で、同数の別の生徒が『バスはゆっくりだが、動いていた』と答えており、弁護側の主張に全面的に沿ったものとも言えなかった。
(高知新聞 2007年10月28日 朝刊)

http://www34.atwiki.jp/madmax_2007/m/pages/390.html

 バスの運転手(以下、K氏)や支援者は新聞記者の誘導があったと考えているようですが、新聞記者が警察の主張に沿う証言を引き出そうとする動機がわかりません。
 K氏によれば、記者の取材も「異常」で、記事の構成も「不公平」だということですが、K氏側の説明に疑問があれば、それについて質問をするのは当然ですし、裏が取れない話や矛盾がある話を、そのまま記事にするような事も、普通はしないでしょう。

→【ネット上で見られる誤解】
→【マスコミ報道について】

 むしろ、生徒達のほとんどが署名集め等の支援活動に参加したことを考えると、証言が変わったことについては、事後情報と話し合いによる「記憶の変容」があった可能性が強く疑われます。
 さらに、支援活動に参加したことで、中立的な第三者という立場も失われてしまいましたから、今後、国家賠償請求訴訟で証言台に立つことがあるとしても、証言の信用(正確)性は、当然疑われることになるでしょう。

  
スポンサーサイト

【弁護側証人の証言が採用されなかった理由】 

 裁判では、弁護側証人として、事故状況について校長と教員、白バイの走行速度について軽トラックの運転手が証言しましたが、いずれの証言も採用されませんでした。
 弁護側証人は第三者なのに証言が却下され、逆に、検察側証人の証言は同僚(身内)なのに採用されたということで、裁判所は不公平であるという支援者の主張がありますが、これは誤解に過ぎません。
 証言は、人の感覚や記憶に基づくものですから、錯覚や勘違いや記憶違いといった間違いがある可能性があります。
 弁護側証人の証言が採用されなかったのは、物的証拠(鑑定結果)と矛盾したり、目撃状況に関する説明が曖昧だったり不自然だったりしたからです。

(略)被告人運転車両が停止中に衝突が生じたという趣旨の両名の証言は、これまで検討してきた路面擦過痕や沿う方の車両の損傷状況といった衝突状況を示す欠陥敵証拠からの認定に反するものであり、衝突態様についての証明力は乏しいと言わねばならない。
(地裁判決文13頁)

(略)B氏の原審供述によれば、Bは、ずっと第一車線を進行したというのであって、左方道路から国道に進入してすぐに第二車線を進行したという白バイを追尾していたものではない。また、B氏が自車の速度計を確認したとしても、B氏は、原審で、白バイは第二車線に進入してから加速した旨供述している(略)から、速度を正確に認識しえたか疑問がある上、白バイの速度が感覚にすぎないことを自認しているほか、(略)不自然不合理な部分もあるから、正確性は低い。
(高裁判決文15頁 ※B氏=軽トラックの運転手)

→【記憶=真実?】

 また、裁判で証言に反する物証があれば、証言の方が間違っていると判断するのが普通です。
 つまり、証拠の証明力は、物証>証言です。

 立場を逆にして考えてみてください。
 検察側は証人の証言のみで、事実関係を立証しようとした。
 弁護側は物証に基づいた鑑定を行い、検察側証人の証言と異なる事実を示した。

 もしこれで、裁判所が検察側証人の証言を採用して有罪にしたら、それこそ冤罪の虞がある不公正な裁判でしょう。
 支援者は、不公正な裁判が行われたと主張していますが、むしろ公正だったからこそ有罪になったのです。

 もちろん、鑑定が間違っていることもあるのですが、裁判でそれを主張するには、鑑定のどこがどう間違っているのか、具体的客観的に指摘する必要があるということです。
 この裁判では、弁護側も独自に鑑定を行い、異なる結果になることを示さなければならなかったのです。

→【裁判での弁護ついて】
 
 

【事故を目撃した白バイ隊員の証言について】 

 対抗車線を走行中に、事故を目撃した白バイ隊員は、事故を起した白バイの走行速度について60km/h程度だと証言してます。
 支援者はこの証言に疑念を抱き、偽証を疑っている人もいるようです。
 http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/652080.html

→【白バイは速度超過だった?】

●速度目測は神業?

 事故を目撃した白バイ隊員が、対抗車線を走行して来る白バイに気付いたときの(この段階では、中央分離帯の植樹越しに接近車両のヘッドライトを確認しただけなので白バイとは分かっていません)双方の距離は約180m、衝突時点での距離は約80m(高裁判決文13-14頁)です。
 この点、180m離れていた対抗車の速度がわかるのか(目測が可能なのか)、という疑問が提起されていますが、まず、速度は双方の距離の変化に基づいて判断するのですから、180m~80mまでの間に相手の速度を判断することになります。
 そして、目撃した隊員が証言した60km/hという速度は、制限速度を大きく上回っているわけはありません。
 つまり、対向車線を走行している車両が速度違反かどうか判断するのと同じようなことですから、発見→追尾→計測という方法で速度違反の取締りを行っている白バイ隊員ならば、日常的にやっていることでしょう。

 (追記)
 証言によると、衝突地点の約120m手前を走行中に、衝突地点より約55m先に被害者の白バイを確認、衝突時は衝突地点の約80m、つまり、発見から衝突までに約40m移動したことになります。
 目撃隊員の白バイの速度は50-55km/h(高裁判決文14頁)ですから、この間、約2.6~2.9秒(証言では3、4秒程度 地裁判決文16頁)で、被害者の白バイは約55m移動していますから、速度は約68~76km/hということになります。
 裁判所は、60km/hあるいはこれを若干上回る程度(地裁判決文16頁)と認定しました。

●ありえない偶然?

 白バイが、白バイが事故を起す瞬間を目撃するのはありえないような偶然である、という主張があります。
 支援者の話では、現場では白バイがよく高速走行していたという地元住民の証言があるということですが、現場付近で、頻繁に取り締まりが行われていたとしたら、複数の白バイが現場付近を走行していたとしても、それはむしろ当然でしょう。
 もちろん、それでも事故の瞬間を目撃する確率は極めて低いです。
 しかし、陰謀論ではあるまし、ある出来事が起きたかどうかを確率で語っても意味がありません。
 例えば、TVで飛行機が空中衝突したというニュースが流れたとして、空中衝突の確率は極めて低いという理由で、このニュースは間違いで空中衝突は起きていないと主張するようなものです。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。