スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再審請求/三宅鑑定】 

●三宅鑑定

 本件は、現在再審請求中であり、K氏側の記者会見での説明によれば、三宅洋一千葉大学名誉教授が行った画像分析の結果(鑑定書)を、裁判所に提出したようです。
 三宅鑑定の項目は・・・

(1)スリップ痕様の痕跡は、当該バスの急ブレーキで印象されたものかどうか
(2)ガウジ痕様の痕跡は、当該白バイがバスに引きずられて印象されたものかどうか
(3)提供された画像(ネガフィルム)は、平成18年3月3日の事故現場で撮影されたオリジナルの画像(ネガフィルム)であるかどうか
(4)提供された画像(ネガフィルム)の中に後日合成された画像があるかどうか
(5)その他の専門的指摘事項
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/67874017.html

 現時点では、三宅鑑定の全文が公開されていませんので、支援者ブログの情報(※)および瀬戸内海放送による報道に基づいて、三宅鑑定について検証をしてみます。
 (1)(2)(5)については、再審請求で裁判所に提出されてる大慈彌雅弘交通事故事故鑑定人の鑑定書との比較検討も行ないます。

三宅洋一
1968年千葉大学大学院工学研究科修士課程修了。京都工芸繊維大学助手、助教授を経て1982年千葉大学工学部助教授。1989年同教授、2003年より千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センター長。日本写真学会会長、日本鑑識科学技術学会(現日本法科学技術学会)理事長などを歴任。工学博士
http://spysee.jp/%E4%B8%89%E5%AE%85%E6%B4%8B%E4%B8%80/1141867

大慈彌雅弘
株式会社日本交通事故鑑識研究所 代表
1948年、大分県生まれ。71年、日本大学生産工学部機械科卒業後、財団法人日本自動車研究所入所。86年、同研究所を退所し、87年に日本交通事故鑑識研究所を設営。現在、交通事故に関する鑑定、実験、事故工学の教育等を行なっている。裁判所、検察庁よりの嘱託鑑定は350件以上

http://www.honda.co.jp/safetyinfo/sj/04-04/opinion.html より

→【三宅鑑定/タイヤ痕捏造疑惑】
→【三宅鑑定/擦過痕捏造疑惑】
→【三宅鑑定/ネガ複製疑惑】
→【三宅鑑定/写真合成疑惑】
→【三宅鑑定/ドット痕の有無】
→【三宅鑑定/その他の専門的指摘事項】

 
 本件における、冤罪運動および再審請求で奇異に思えるのは、K氏を支援する団体があるにもかかわらず、公式な情報発信が極めて限定されているということです。他方で、支援者が個人レベルで情報発信を行なっていますが、証拠資料等、K氏側から提供を受けなければ入手は不可能であると思われるものが多数見受けられます。本来ならば、支援団体や弁護団が公式に発表すべきことを、個人の情報発信に任せるというのは不可解です。
 さらに、再審請求における「新証拠」については、支援者の情報からすると、裁判所から詳細の公表を控えるように要請されているということらしいのですが、これも俄かには信じられません。他の冤罪運動や再審請求では、弁護団はむしろ積極的に「新証拠」を公表する傾向にありますし(特に、再審無罪となった案件)、K氏側のこれまでの主張からすると、司法に大きな不信感を抱いているのですから、仮に裁判所側から非公開の要請があったとして、抗議もせずに(抗議しているのかもしれませんが、そのような話も公表されていません)、素直に従うというのも奇妙に思えます。

●再審請求における「三宅鑑定」の位置づけ

刑事訴訟法
435条(再審請求の理由)
再審の請求は、左の場合において、有罪の言渡をした確定判決に対して、その言渡を受けた者の利益のために、これをすることができる。
1 原判決の証拠となつた証拠書類又は証拠物が確定判決により偽造又は変造であつたことが証明されたとき。
2 原判決の証拠となつた証言、鑑定、通訳又は翻訳が確定判決により虚偽であつたことが証明されたとき。
3-5 (略)
6 有罪の言渡を受けた者に対して無罪若しくは免訴を言い渡し、刑の言渡を受けた者に対して刑の免除を言い渡し、又は原判決において認めた罪より軽い罪を認めるべき明らかな証拠をあらたに発見したとき。
7 (略)
437条(確定判決に代わる証明)
前2条の規定に従い、確定判決により犯罪が証明されたことを再審の請求の理由とすべき場合において、その確定判決を得ることができないときは、その事実を証明して再審の請求をすることができる。(略)


 三宅鑑定の内容は、基本的に刑事裁判で有罪の根拠となった証拠群に、捏造されたものがあるということのようですが、確定判決(判例では刑事裁判の確定判決)を経ていませんので、刑訴法435条1号、同2号には該当しません。また、本件では、証拠捏造があったとしても既に時効が成立していますので、確定判決を得ることができません。
 しかし、三宅鑑定に証拠捏造で確定判決を得られるレベルの証明力があるならば(判例によれば、合理的疑いをいれる余地のない程度に、その虚偽性が客観的確実性をもって立証されること)、刑訴法437条に該当することになりますし、刑訴法435条6号の「新証拠」として認められる可能性も高いと思われます。
 「新証拠」の判断は、判例によれば、再審請求に提出された証拠が確定判決を下した裁判所の審理中に提出されたとするならば、確定判決においてなされたような事実認定に到達したであろうかどうかという観点から、その証拠と他の全証拠とを総合的に評価して判断すべき、とされていますので、捏造が証明された証拠を除外して、確定判決と同様の事実認定ができなくなるならば、捏造を証明する鑑定は、「新証拠」として認められることになるでしょう。
 つまり、再審請求が認められるか否かは、証拠捏造について、三宅鑑定によって、合理的疑いをいれる余地のない程度に、その虚偽性が客観的確実性をもって立証されているか否かによることになります。

 ※三宅鑑定関連の記事はコメント可能です(承認制)
 
スポンサーサイト

【三宅鑑定/タイヤ痕捏造疑惑】 

(1)スリップ痕様の痕跡は,当該バスの急ブレーキで印象されたものかどうか
スリップ痕(ブレーキ痕)については、左右後輪についての記録画像が全くない。また、事故発生後、バスの移動前のスリップ痕は右前輪の記録があるのみである。バス移動後にはじめて左前輪のスリップ痕の画像が記録されている。
しかし、バス移動後に記録されている左右前輪のスリップ痕画像は、スリップ痕先端部の濃度が異常に高いこと、この部分がタイヤの中心部と大きくずれていること、タイヤとアスファルト面での摩擦によるゴムの痕跡が見られないこと、タイヤ痕に生じる溝がないことなど極めて不自然である。
また、ブレーキ痕は数時間でその濃淡が変化しないが、本事故でのブレーキ痕濃度は撮影時間により大きく変化している。従って、ブレーキ痕と称している痕跡は液体などにより、人為的に偽造したと疑わざるをえない。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/67874017.html

 大慈彌鑑定では、前輪のタイヤ痕は「横滑り」によって形成されたものであると結論付けられています。
 急制動(急ブレーキ)によるロック痕ではないので、後輪のタイヤ痕は残りませんし、バスに乗車していた生徒が急ブレーキがなかったと証言していることとも合致します。

白バイがスクールバスに衝突した時、運動力学の第三法則である作用反作用の法則により、白バイが衝突した時の進行方向にスクールバスを移動させるような力を作用する
白バイの衝突によりスクールバスに力が作用するとスクールバスは力の方向に移動(押される)する。特に、本件はスクールバスの前端部に白バイが衝突しているため、梃子の原理でスクールバスの前部が横側に大きく異動する。 
スクールバスの前部に横移動が起きると、前輪に横滑りが生じ、タイヤと路面の間にすべりが起きる。路面上をタイヤが滑ると(こする)とタイヤと路面の接触部位のゴム質が剥離し、路面上に付着し黒いスリップ痕を印象する
本件の事故現場路面上に認められる。道路を横断する方向に印象された2条のスリップ痕は。上記した生成機序の通り、横移動していたスクールバスの前輪タイヤの横滑り痕(ヨーイング痕)と断定できる。
なお、横滑りする程度が前輪と比較して、後輪タイヤは少ないために本件のスクールバスの後輪タイヤによる横滑り痕は生成されない。

http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-639.html

スクールバスの前部を主に横方向への移動が生じだ場合、タイヤの回転する向きに対して、左側にバスの前部が移動(横滑り)することになる
ところで、走行中に急ハンドルをきると車体に回転運動が起きて、タイヤの回転する向きと車体が移動する方向が異なり、タイヤと路面との間に横滑り運動が起きる
すなわち、タイヤが回転する方向から少しでもスリップ角が付いた向きに自動車が移動すると、タイヤと路面の間に滑りが生じる

http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-636.html

イ)スリップ痕の先端部分が特に濃く印象されている理由 (いわゆるオタマジャクシ痕の形成理由)
アスファルト路面上に印象される黒色のタイヤ痕の生成機序は、路面との摩擦(スレ)によって剥離したタイヤ痕のゴム質部が、路面に付着したものである。
停止した位置にはタイヤ表面から剥離したタイヤのゴム質部がタイヤと路面の間に多く残って(溜まって)いるためにに濃く見えることがある。
なお、タイヤが停止した位置に残っているゴム質は、タイヤの停止のため、剥離したゴム質の路面部への付着力(こすり力)は弱い。このためにすぐに路面から取れることになる
ウ)スリップ痕にはタイヤの溝が印象されているか否か。されていない場合はその理由
本件の事故現場に印象されたスリップ痕にはタイヤの溝が観察されない。
タイヤが横滑り移動した場合、タイヤの溝の方向に対して横方向にタイヤが移動(擦れる)する。このため、タイヤの縦滑りと横滑りのときに生成されるタイヤ痕の機序を示した図3から分かるとおり溝は生成されない。

http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-628.html

 刑事裁判では、地裁はスリップ痕の先端部分が濃くなっている理由は、液体によるものだと認定していますが、高裁は「不明」としています。

なお、被告人運転車両を撤去してスリップ痕を撮影した写真の中には、その先端部分の色が他の部分に比べて濃くなっているものと、他の部分と同様の色になっているものとが存在する。実況見分調書を作成した警察官は、結局、色が濃くなっている現象について、原因は分からないと供述している。しかし、これまで検討した事情に加えて、本件事故によって最終停止位置付近の路上に被告人運転車両と被害者運転車両の辺りから液体が広がっていることを考慮すれば、これがスリップ痕の捏造の痕跡であるというよりは、事故後に現場に流出するなどした液体が被告人運転車両前輪の接地面に浸透し、その周囲は自然に乾燥するなどした後に、被告人運転車両が撤去され、乾燥前の潤滑面が現れたなどと見るのがむしろ自然であり(略)
(地裁判決文 7頁)

②の液体の由来の点についてみると、確かに、所論指摘のとおり、上記液体が、被告人車から漏れたとは考え難く、写真撮影報告書(略)によれば、(白バイ)から漏れたと認められ、原判決のこの点の認定は正確性に欠けている。(略)
③の色が濃い部分の出現原因の点についてみると、確かに、所論指摘のとおりであり、むしろ、被告人車が最終的に停止した前輪により強く路面に押し付けられて形成された可能性があるが、その発生機序は正確には不明であって、原判決の説示は正確性を欠いている。

(高裁判決文 8-9頁)

→【斜行スリップ説】
→【斜行スリップ説に対する疑問】
→【裁判ではタイヤ痕はどのように認識されていたのか?】
→【再審請求/三宅鑑定】
→【三宅鑑定/その他の専門的指摘事項】
  

【三宅鑑定/擦過痕捏造疑惑】 

(2)ガウジ痕様の痕跡は、当該白バイがバスに引きずられて印象されたものかどうか
ガウジ痕は、機械的な衝撃によりアスファルト(道路)面にエグレが生じる現象である。従って、ガウジ痕は、道路の改修が行われるまで風雨にも耐え長期間ほぼ変化しないと言われている。今回ガウジ痕と称して白いチョークなどでマークされている文様には、アスファルト面のエグレのないことが画像解析から明白になった。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/67874017.html

 金属擦過痕について、大慈彌鑑定に解説があります。

金属擦過痕の種類と発生機序(プロセス)
金属擦過痕は路面に接触した金属部分の形状や、負荷の大きさによって生成される金属擦過痕の状況が大きく違ってくる。例えば、金属部分が板状の場合はアスファルト路面上にほとんど傷をつけないで、削り落とされた金属粉の付着となる
事故現場の路面等に印象される金属擦過痕は大別して以下の3つがある
イ)スクレープ痕(幅広金属擦過痕)
衝突によって転倒したときの車体金属が路面と擦過し、削り落とされた金属粉が路面に幅広く付着した場合に生成される。
この時、アスファルト路面上には傷をつけず、その傷を指で感知することはできない。
ロ)スクラッチ痕(幅狭金属擦過痕)
衝突によって破損した部品や転倒した時の車体金属部が、路面と比較的狭く擦過した時に、金属部が路面に強くこすりつけられ、削り落とされた金属粉が路面に多く付着した場合に生成される
スクレープ痕に比較して濃く印象され、細く短く生成されるが、アスファルト路面上に顕著な傷をつけることはない。
ハ)ガウジ痕(えぐれ痕)
衝突によって破損した部品やナット部等の突起が、強く路面に押し付けられた時に生成される。形状は狭い溝状となり、車両同士が衝突した時の最大押し込み時に、押しつぶされた車体と路面が接触した時に生じる

http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-632.html

 金属擦過痕は路面に傷をつけない「スクレープ痕」や、顕著な傷が見られない「スクラッチ痕」があるので、三宅教授のか画像分析の結果は、写真に写っている擦過痕は「ガウジ痕」ではないということを示していますが、「スクレープ痕」や「スクラッチ痕」である可能性はどうなのでしょうか?
 三宅教授の分析では、擦過痕が「スクレープ痕」や「スクラッチ痕」でないことは証明されていない(「えぐれ」がないということしか言及していない)ようですので、三宅教授の分析結果のみでは、白バイがバスに引きずられて印象されたものではないという結論には至りません。

→【路面の擦過痕】
→【再審請求/三宅鑑定】
  

【三宅鑑定/ネガ複製疑惑】 

(3)提供された画像(ネガフィルム)は、平成18年3月3日の事故現場で撮影されたオリジナルの画像(ネガフィルム)であるかどうか
鑑定用に提供された画像は、平成11年11月11日に裁判官立会のもとで、弁護側証人の一人である日本自動車事故解析研究所石川和夫所長が撮影したネガフィルム、高知県警から開示された平成23年(押)第7号符号1~6写真撮影報告書、当該6本のネガフィルムをABC(株)でディジタル化された画像のディジタルデータ、および当該ネガフィルム中で鑑定人が指定した35箇所光学顕微鏡画像のディジタルデータである。
石川和夫氏が撮影した画像とABC(株)で作成されたディジタル画像を比較した結果、数箇所で黄色線の除去が行われた痕跡が明白になった。
オリジナルネガフィルムとして提出されたフィルム中1546フィルムだけになぜこのような黄色の線が付着していたか不明である。撮影時のカメラフィルム送り機構の不備であれば、当該フィルム撮影コマ全体にそのような傷が付着するはずであるが、3コマだけにこの黄色線の存在が認められた。フィルムの複製作業中に付着したとも考えられる。
もしそうであれば、このフィルムはオリジナルでない有力な証拠である。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/67874017.html

 三宅教授が何を言いたいのか、よくわかりません。
 まず、「黄色線の除去が行なわれた形跡」が人為的なものであるならば、ネガフィルムに手が加えられたことは明白なのですが、そのような指摘はありません。また、「黄色線」以外に違いがあるという指摘もありません。
 したがって、三宅教授の指摘は、石川和夫氏が撮影した画像とABC社で作成されたデジタル画像の違いは、一方だけに「黄色線」があること(だけ)、ということになりそうですが・・・三宅教授は、複製ネガフィルムが複数存在し、その一つに「黄色線」が入っていたと考えている、ということなのでしょうか?
 写真捏造のために、ネガフィルムを複製するとして、複製ネガを2本作った上に、2本とも保管しておくというのも、おかしな話です。「証拠」として残しておくのは一本だけで十分なのですから、他の複製やオリジナルは破棄するではないでしょうか?
 オリジナルであれ複製であれ、石川氏とABC社が、同じネガフィルムを撮影しているのならば、「黄色線」の有無自体は、写真捏造の証拠にはならないと思われますが・・・

 なお、フイルムの製造年月について、事故後に製造されたものであることが判明したという雑誌報道がありましたが(週刊フライデー、2011/10/14発売)、これについてはメーカー側から訂正があったようです。

有罪の証拠とされたスリップ痕写真のネガ6本の中の一部の製造年月日が、事故発生後のものであるという回答をフィルムメーカーが公式に回答していました。これを受け私たちはマスコミにこの情報を公開しようとした時に、メーカーは公式回答を訂正し、間違いであることを弁護側に伝えてきました。
メーカーは間違った理由はフィルムに記載された製造番号を読み違えたと説明するのですが、一回目の公式回答によるとネガ製造年月日は「事故発生前」 再度調査を申し込むと「事故発生後」、そして、土壇場で「事故発生前」と訂正してきました。さらに製造年月日の日付は3回ともすべて違います。

http://haruhikosien.blog28.fc2.com/blog-entry-46.html

→【実況見分と写真捏造疑惑】
→【合成写真?】
→【再審請求/三宅鑑定】
  

【三宅鑑定/合成写真疑惑】 

(4)提供された画像(ネガフィルム)の中に後日合成された画像があるかどうか
本文中に指摘したように、通常の撮影ではありえない人物像の画像,合成と思われる画面中の不自然な線などから一部に合成された画像があると考えている。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/67874017.html

高知白バイ事件 No.27 2013/03/06 再審へ..."証拠偽造"の新鑑定(05:39-)
http://www.youtube.com/watch?v=5hD9vMEB0vA&list=PL2EFCD78F8523C9D3&index=27

 VTRの中で、三宅教授が、鑑定書の該当部分について説明しています。

●微分処理による輪郭抽出(06:05-)

 三宅教授は、画像を微分処理したところ通行人の輪郭線がはっきり出なかったので、合成である可能性があると説明していますが・・・

before クリックで拡大
edge test before edge test2 before
(左)http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/45703406.html
(右)http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954/60923304.html

after クリックで拡大
edge test after edge test2 after
写真加工.con エッジ検出(輪郭抽出)
http://www.photo-kako.com/edge.cgi
sobelで変換、指定画像の元画像/リサイズしない、その他は初期値

sobelフィルタ
http://www.mvision.co.jp/WebHelpIM/_RESOURCE/Filter_Mvc_Sobel.html

 微分処理前の画像では輪郭が判別できるのに、処理後は輪郭がはっきり出ていない被写体(左:家屋の入口前の人物と一番右の人物、右:会見席の右から二番目の人物と前列の記者)があります。
 三宅教授がこの写真を見たら、これらの人物を合成した可能性が高いと言うのでしょうか?

輪郭抽出のイメージ、濃淡の変化が段階的だと輪郭線が出にくい
(左の画像を上と同様に処理したものが右の画像)

edge test グラデbefore edge test グラデafter
 三宅教授が、輪郭線が出ないと説明している被写体は、元の写真では端の方に小さく写っているものでした。
 微分処理は、デジタル化した画像の隣接するドットの濃淡の差を検出するので、オリジナル画像で周辺部のピントが甘く、かつ高解像度でデジタル化したのならば、濃淡の変化が段階的となって、輪郭線が出にくいと言えるのではないでしょうか。
KSBキャプチャ1 KSBキャプチャ2


●「脚の部分が、明らかに無い(06:24-)

 問題の通行人の頭部の位置からすると、歩行中の足の位置(下記URLに掲載されている図の「遊脚期」「片脚支持」)によっては、脚が手前の車の陰に隠れていても不自然ではありません。

(参考)
資料:図説 正常歩行分析
http://wwwd.pikara.ne.jp/bed-reha/Normal_Gait/Normal_Gait_bunseki/Normal_Gait_bunseki_1.html

 「脚の部分が、明らかに無い」という三宅教授の説明は、およそ科学者のものとは思えませんし、報道として扱うようなものとも思えません。
 「霊能者」に見せれば、「心霊写真」だと言うでしょう。

(参考)
足が消えている心霊写真の例
http://www.nazotoki.com/ghost_photography.html#no_foot
 
→【実況見分と写真捏造疑惑】
→【合成写真?】
→【再審請求/三宅鑑定】
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。